logo26.jpg


目次
1・一重の人の悩みとは?

2・誰でも簡単に二重になれる方法とは?

3・二重まぶたが自力で作れる方法とは?

4・他にも二重になる方法が見つかりました!

5・間違った方法で二重になると・・・

6・ご相談に乗りますよ♪

7・二重まぶたの成功者がいますよ♪

8・美咲からあなたへのプレゼント♪

9・当サイトだけの限定特典

10・サポートなし版について



124_45_27_43c.gif



間違った方法で二重になると・・・

こんにちは。


美咲でするんるん


今日は予告の通り、二重に関する恐ろしいお話です。
( ̄□ ̄;)!!


私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
二重について甘い考えを持っているみたいですね。


二重になる方法として
一番てっとり早いのが美容整形です。


しかし、美容整形は100%安全というわけはありません。


現在、美容整形で二重にする方法としては「埋没法」と「切開法」
の2つの方法があります。


埋没法とは、まぶたを切開することなく、皮膚の中に糸を1〜3本埋め込めこんで皮膚と瞼板もしくは筋肉と結んで二重まぶたを作る方法です。


埋没法は、1年以内に戻る場合もあれば、
3〜4年たって忘れた頃に戻る場合もあります。


絶対取れない埋没法というのは存在しません。


仮に、糸の本数を増やしても、糸を掛ける位置や
結び方を工夫して変えても同じです。


何故戻ってしまうのかというと、糸の締め具合は
必ず時間とともに緩むものだからです。


例え糸が緩んだとしても、それまでに癒着瘢痕の癖がついていれば二重まぶたを維持できるのですが、癖が付ききらなかった人は戻ってしまいます。


医師がどんなに工夫しても、
戻る人は戻ると理解しておかなければなりません。


切開法とは、希望の二重ラインに沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除いて、縫合を行い二重まぶたを作る方法です。


切開法は埋没法と比べると費用も高めです。


そして、術後の腫れが長引く傾向にあります。


腫れには個人差がありますがだいたい3日〜1週間程度、
長い人ですと、2週間くらいかかることもあります。


人によってはなかなか馴染まないようで
1ヶ月くらいかかる人もいるようです。


その間、日常生活に支障をきたし、外出しにくかったり、
痛みを伴ったり、洗顔やメイクができないというデメリットがあります。


切開法で一度作った二重まぶたのラインは元に戻せません。


ですので、完成した二重まぶたのラインが気に入らなくても、
もちろん元に戻すこともできません。


また、切開法の場合はまぶたにキズが残ったり、
目を閉じるとラインの食い込みが目立たりして
ものすごく不自然なまぶたになるケースがあります。


美容整形は昔に比べると、技術の進歩により、
安全性は高まってきましたがまだまだリスクは伴うのが現実です。


美容整形以外で二重になる方法として
有名なのがアイプチです。


しかし、アイプチをずーっと使い続けていると
当然まぶたに負担をかけることになります。


その結果、腫れぼったいまぶたになり、ますます一重が
目立つようになります。

また、アイプチがとれてないか気になったり、女性の場合は
スッピンを人に見せられなかったりといった不安や悩みを
ずっと抱えることになります。


さらに、メザイクなどを使って
二重にする方法もあります。


でも、メザイクなどで無理やり二重にすると二重にした
まぶたがすごく重く感じたり、鏡で自分の顔をみるとまぶた
不自然に見えたりする場合があります。


このように二重にする方法は色々ありますが、
どれもリスクを伴う方法ばかりです。


私は美容整形自体を否定はしていません。


美容整形で成功された方もたくさんいらっしゃると思います。


でも、私には高額な費用を払うお金も手術する勇気もありません。
(>_<)


あなたは、高額な費用を払いリスクを覚悟で
美容整形する勇気がありますか?

あなたは、このままアイプチを一生使い続けますか?

あなたは、このまま二重になれずに一生悩んでいるつもりですか?


私でお役に立てることがあればお手伝い致します(⌒-⌒)


お気軽にご質問くださいね↓


ご質問はこちらるんるん


リスク無く二重になりたいと本気で考えているなら
こちらを購入した方が手っ取り早いですよ。


価格以上の価値はありますのでヾ(=^▽^=)ノ


a-40.gif


次回は美咲からあなたへメッセージがあります。


美咲からのメッセージとは?
この記事へのコメント
これってホントのこてですか??
ホントだったら試してみたいです
Posted by ハローキテイ at 2011年02月01日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。